診療内容

母乳相談(乳房マッサージ・乳腺炎や乳頭の傷の対処・母乳不足感・卒乳及び断乳相談とケア)

母乳相談
(乳房マッサージ・乳腺炎や乳頭の傷の対処・母乳不足感・卒乳及び断乳相談とケア)

湘南ママの部屋では、ママ達に寄り添いながらの乳房ケアに努めていきます。

母乳育児そのものへの不安やそこから生じる不快や不安、乳房の違和感などママたちの訴えに耳を傾けケアをしていきます。

乳房ケア適応

  • 乳腺房のしこり
  • 乳腺炎・乳口炎(白斑)
  • 母乳不足感・分泌不足
  • 赤ちゃんが吸えない(短乳頭・扁平乳頭・陥没乳頭)
  • 分泌不足・分泌過多・体重増加不良と診断された
  • 断乳・卒乳後のしこり
  • 乳頭の傷・痛み・乳口炎
  • その他(卒乳・断乳相談についてetc)

乳房ケアでは、(ママたちの訴えに応じ)必要と思われる場合には乳房マッサージを行っていきます。
また、マッサージ後には正しい授乳姿勢・吸着を確認も適宜行っていきます。

乳房ケアの中の授乳相談では、出産後のママに対して、母乳の与え方やミルクの足し方、また赤ちゃんの体重の増え方や栄養状態について、必要な説明を行います。

乳房ケアの中の卒乳相談では、離乳期はママの乳汁分泌の程度や、赤ちゃんの離乳食の進み具合などによってそれぞれ異なりますので、個々に応じて卒乳を勧めます。

  • 授乳中に次の妊娠をした場合
  • たびたび乳腺炎を起こす場合
  • 赤ちゃんの乳歯が生え始めた時期
  • 授乳が3歳近くまで極端に長引いたときなど

乳房ケアに加えて薬が必要なときはクリニックの診療を併診していただき、医師の診察のうえで適切な処方を依頼しています。

他の助産院では、医師による処方を行うことが出来ませんので患者さんの症状が悪化し、発熱やときに重症の感染症を引き起こすこともあります。
また、近年の深刻な助産師不足のため、他の多くの産婦人科医院では助産師が不在であり、乳腺炎で受診しても適切な乳房ケアを受けることができず、処方のみで診察を打ち切られてしまいます。

「湘南ママの部屋」では、こうした診療の状況を改善すべく、助産師と産婦人科医師が連携し、乳房のしこり・痛み・炎症などの現象を適切に解決できる施設として地域のプレママ、子育てママの力強い味方になります。

このページ上部へ